県からのお知らせ

県広報

滋賀県企業での就職を考える学生の皆さんへ
〜春季インターンシップ参加学生募集中〜


 滋賀インターンシップ推進協議会では、学生の職業観を醸成するとともに県内企業等への理解を促進することを目的に県域のインターンシップ事業「オール滋賀DEインターンシップ」に参加を希望する学生の皆さんを募集します。
 ●対象学生:滋賀県内、県外の学生等(学部、学年不問)
 ●実習時期:平成30年2月17日(土)〜平成30年2月27日(火)
 ●実習日数:5日間以上[企業を組み合わせたパッケージ型(例:A社2日、B社3日)の実習もあわせて実施します。]
 ●実習先:県内に本社または事業所がある企業等
 ●マッチング方法:インターンシップフェア参加者を優先しますが、書面(志望理由書)の提出による応募も可能です。
 (2)インターンシップフェア(マッチング会)
    @日時:平成29年11月17日(金)18時〜21時 
     会場:イオンモール草津2階 イオンホール(草津市新浜町300)
    A日時:平成29年11月24日(金)18時〜21時
     会場:ビバシティ彦根2階 ビバシティホール(彦根市竹ヶ鼻町43-1) 
    ※企業と学生が面談し、学生の実習先を決定します。
 (1)書面(志望理由書)によるマッチング
   (第1次)平成29年11月20日(月)締切
   (第2次)平成29年12月22日(金)締切

〈お問い合わせ先〉
〈担当課〉滋賀県労働雇用政策課
[県委託企業]株式会社Re−birth

       〒525-0059 草津市野路1丁目4-16 MNK-3 502号室
       TEL:077-548-8422 FAX:077-548-8423


障害者理解を深めるための講演会を実施します


 障害者週間(12/3〜12/9)にあわせて、立命館大学の長瀬修教授より、障害者差別解消法などについて分かりやすくご講演いただくとともに、障害のある方から地域で暮らす中での生きづらさなどをお話しいただきます。
●日時:平成29年12月3日(日)13:00〜16:00(受付 12:30〜)
●場所:ビバシティホール(彦根市竹ヶ鼻町43−1)
●内容:1 基調講演「障害者権利条約と障害者差別解消法」
      講師:立命館大学生存学研究センター教授 長瀬 修 氏
    2 シンポジウム「地域でともに生きる〜差別と合理的配慮を考える〜」
      各障害当事者や関係者に、地域で「暮らす」なかでの生きづらさ、差別的取扱いや合理的配慮の具体的な事例を発表していただきます。
●備考:定員 200名(先着順)
●申込方法:下記問合せ先までお問い合わせください。
●問合せ:公益財団法人 滋賀県身体障害者福祉協会(〒525−0072 草津市笠山八丁目5−130)
     TEL:077ー565ー4832 FAX:077−564−7641
     e-mail:info@kenshinkyo-shiga.com

〈 担 当 課 〉
滋賀県障害福祉課

TEL:077-528-3541 FAX:077-528-4853


平成29年度滋賀県職員採用上級試験(大学卒業程度)
−特別募集(土木)−募集開始!

 平成29年度滋賀県職員採用上級試験(大学卒業程度)−特別募集(土木)−の申込みを開始しました。活力ある地域社会を支える社会基盤を「創る」、また災害などから県民の生命と財産を「守る」仕事に興味のある方は是非お申し込みください。
【試験概要】日程:〈第1次試験〉平成30年1月6日(土) 〈第2次試験〉平成30年1月27日(土)
      場所:滋賀県庁(大津市京町四丁目1-1)
【募集要項】●試験区分:土木
      ●採用予定人員:3人程度
      ●受験資格:次のいずれかに該当する方が対象となります。
       ア:昭和58年4月2日から平成8年4月1日までに生まれた者
       イ:平成8年4月2日以降に生まれた者で次に掲げるもの
       (ア)学校教育法に基づく大学(短期大学を除く。以下「大学」という。)を卒業した者または平成30年3月31日までに大学を卒業する見込みの者
       (イ)滋賀県人事委員会が(ア)に掲げる者と同等の資格があると認める者
【申込締切】しがネット受付:平成29年12月20日(水) 17時
      持参:平成29年12月20日(水)
      郵送:平成29年12月18日(月)消印有効

〈お問い合わせ先〉
滋賀県人事委員会事務局

TEL:077-528-4454 FAX:077-528-4970


平成29年度滋賀県防災講演会を開催

 近年、全国各地でこれまでに経験したことのないような集中豪雨が頻発しています。7月には九州北部豪雨が発生し、死者37人、全壊家屋289棟など多大な被害をもたらしました。また滋賀県においても8月に台風第5号、10月には台風第21号の通過に伴う大雨や暴風により県内各地で住家や農地、道路、河川などに被害が生じました。
 いざというときに身を守り、日頃からしっかりと備えるためには防災気象情報の活用方法や災害について正しく知ることが大切です。そこで以下のとおり防災講演会を開催しますので、ぜひご参加ください。
●日時/11月19日(日) 14時〜16時55分
●場所/愛東コミュニティセンター(東近江市下中野町431)
●内容/・講演1 演題:「防災気象情報の利活用について」
         講師:気象庁彦根地方気象台 防災管理官 杉岡 成彦 氏
    ・講演2 演題:「自然災害に対する危機管理〜豪雨災害を中心として〜」
         講師:東京経済大学 名誉教授 吉井 博明 氏
●備考/定員350名(先着順)、参加無料

〈お問い合わせ先〉
滋賀県防災危機管理局

TEL:077-528-3432 FAX:077-528-6037