南比都佐小5、6年生 公民館で通学合宿

■平成30年7月14日(土) 第18167号

=地域で取り組む子育て=

着衣水泳の訓練に取り組む子どもたち

 【日野】日野町立南比都佐公民館で5日から3日間、南比都佐小5、6年生(22人)を対象に通学合宿を催した。
 子どもたちに規則正しい生活と自主性、協調性を育むとともに地域で子どもを育てることを通して住民同士のつながりを深め合うことが目的。保護者には子離れや家庭教育のヒントにしてもらいたいと5年前から続けている。
 児童たちは、協力して掃除をしたり手分けして食事の準備と調理をしたり、近くの民家では「もらい湯」を体験した。
 2日目からの防災学習では、消防団員から災害や避難所の設営などの話を聞き、ダンボールを使ったベッド作りにチャレンジした。学習の最後には、プールで着衣水泳を実践で学び、水難事故から身を守る方法を身につけた。
 子どもたちは水難事故を想定し、横向きや後ろ向きでプールに落ち、沈んだ体が浮くのを待ち、浮いたら息を吸って仰向けになる一連の訓練に何度も取り組んだ。
 村嶌優衣さん(6年)は「水難事故訓練が合宿の中で一番厳しかった。いざというときに役に立つよう、頑張った」と話していた。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース