青空に映えるヒマワリ2万本

■平成30年7月13日(金) 第18166号

=あいとうマーガレットステーション=

【東近江】梅雨明けの青空に映えるのは、あいとうマーガレットステーション(東近江市妹町)のヒマワリ2万本。品種は「ハイブリッドサンフラワー」で、レストラン横の3000平方メートルに植えられており、太陽に向かってすっと伸び、時おり吹くそよ風に花弁を揺らしていた。見頃は今月中旬ごろまで。同ステーションは、今後もヒマワリが咲く景観を来場者に楽しんでもらおうと、8月中旬ごろ、9月上旬ごろに満開予定のヒマワリ園を同ステーション周辺で開く。つみ取り料は5本200円。受け付けは同ステーション(0749−46−1110)の直売館、田園生活館レジ、田園生活館事務所まで。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース