攻めの観光施策だ!新事務所が東庁舎で開所

■平成30年7月10日(火) 第18163号

=東近江市観光協会 五個荘から移転=

開所を祝い除幕式が行われた市役所東庁舎

 【東近江】 一般社団法人東近江市観光協会(会長・喜多良道)の新事務所開所式がこのほど、開所する東近江市役所東庁舎内(八日市緑町)で行われた。式には観光協会役員や職員のほか、来賓で小椋正清東近江市長、市木徹市議会議長らが出席し、新たな船出を祝った。
 観光協会を代表して冨田正敏副会長はあいさつで「5年後、10年後の協会を見据え、行政の皆さんと語り合いながら観光行政が育っていくよう、また、様々な夢を持ちながら大きく発展させていければ。ふるさと東近江をより豊かに、心のこもったおもてなしができるよう努力していきたい」と述べ、関係者に感謝した。
 祝辞を送った小椋市長は「ようやく実現できた。地方創生の枠組みの中で、東近江市が持っている多様性ある歴史文化資産、自然資産などをフルに活用した攻めの観光施策を推進していかないといけない。機能性を発揮していただき、健闘を期待しています」と力を込め、さらなる発展を願った。
 庁舎内のフリースペースとなっていた一角に移転され、これまで事務所が置かれていた五個荘塚本町の「ぷらざ三方よし」内の事務所は、五個荘観光案内所(TEL0748―48―6678)として利用される。今後は協会と行政の連携強化、利用者への迅速な対応などが期待される。
 市役所東庁舎内事務所の電話番号はTEL0748―29―3920。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース