迫る'18年 滋賀県知事選挙(5)国体、大戸川ダムが争点

■平成30年6月21日(木) 第18147号

=近藤氏 市民団体からの支持も 三日月氏 エンジンかかり優勢!=

 【全県】 任期満了に伴う県知事選は終盤戦に突入した。無所属で新人の滋賀大学名誉教授の近藤学候補(68)=共産推薦=と、無所属で現職の三日月大造候補(47)が24日の投開票日に向け、激しい舌戦を繰り広げている。自民党、公明党、国民民主党、社民党、政治団体「チームしが」の支援を受けてT健康しが”づくりを掲げる三日月候補が優勢に選挙戦を進め、国体整備費縮減などを主張する近藤候補が猛追している。

三日月陣営
三日月氏は変わった
 12日に東近江市のアピアホールで開かれた三日月候補の個人演説会で、応援弁士の小椋正清・東近江市長は「大津市の大戸川ダムでも勉強会を設置するなど、4年前に比べると三日月さんは変質(方向転換)してくれた。(嘉田由紀子前知事のように)イデオロギーでなく、国、県、市が同じベクトルでやるべき」と訴えた。

●苦悩する市民団体
 前回の知事選で、自民・公明推薦候補と戦った三日月候補を必死に応援したのが市民団体だった。母親同士が気軽に政治を語り合う「くらしとせいじカフェ」もその一つ。メンバーの玉崎洋子さんは「仲間の間では、しっかり三日月さんを応援してわれわれの側に引き寄せるべきという意見と、前回は反自民で勝ったのに、今回は自民の支援を受けるのは裏切りだと反対票を投じるとに意見が分かれている。私は今回、近藤さんに一票を投じるが、三日月さんとは今後も対話を続けていきたい」と胸の内を語る。

●投票率より得票率
 三日月陣営の関係者は「知事選は盛り上がりに欠け、投票率が35%程度との見方もあるが、17日現在の期日前投票が4年前に比べ1・31倍と伸びており、大津選挙区の県議補選の影響も加わって、38%から40%とみており、三日月さんの35万票超えは固い。むしろ問題は得票率だ。近藤さんが20%以上、票で言えば10万票を超えれば、三日月県政に黄信号がともる」と警戒する。

●試される国民民主
 知事選とねじれを起こしているのが24日投開票の県議補選の大津市選挙区だ。補選では、自民新人の桑野仁氏(59)、国民民主が推薦する無所属新人の河井昭成氏(44)、共産新人の黄野瀬明子氏(35)と別々の候補者で戦っている。桑野候補が負ければ同党1区支部長の大岡敏孝衆院議員の責任問題に、UAゼンセンが総力戦の河井候補が負ければ国民民主の前途に暗雲、黄野瀬候補が敗れれば野党共闘が遠のくことになる。

●『選挙に行こう。』
 陣営では、期日前投票の要請を強めるとともに、三日月候補の横顔に『選挙に行こう。 6・24』のメッセージを書いた画像をフェイスブックなどで拡散中。
(石川政実)

近藤陣営
●決まる県政の方向

 16日に大津で近藤候補の応援演説に立った共産党国会対策委員長で衆議院議員の穀田恵二氏は「滋賀県は、空港や新幹線の問題のとき、“ムダ遣いはおかしい”という県民の意志で県政の方向を決めてきた」と述べた。さらに「今、大切なのは県民のくらしを守ることではないか」とし、「自分の当選のためには自民党に頭を下げて顔を向けるこの現職を選ぶのか、県民に顔を向けて心を寄せる近藤さんを選ぶのかという対決だ」と訴えた。

●国体施設よりも福祉
 当の近藤候補は、県内各地で一貫して「大型ハコもの建設を推進する県財政の危機」を主張。選挙戦後半から選挙母体「市民がつくる滋賀県政の会」のチラシも「ただちにやります」として「国体の新施設建設費とされる294億円をとりやめれば、特別支援学校や特別養護老人ホームの建設などに生かせる」と打ち出している。

●動き出した市民団体
 「今回の知事選や大津市の県議補選は攻めの選挙だけにワクワクする」と目を輝かすのは、近藤候補を推薦している共産党県委員会の石黒良治委員長。同氏は「4年前まで三日月さんで動いていた市民運動の人たちの多くは知事選序盤まで中立的だったが、終盤に入り安倍政権にすり寄る三日月さんは許せないと、近藤さんを応援する人が相次いでいる」と手ごたえを語る。
 無党派層に近藤候補を押し出すため横断幕や看板を使ったスタンディングをさらに拡充していく。

●自民支持者も反旗
 17日に草津駅前で東近江市の自営業、山北日出雄氏と立命館大学経済学部の橋本貴彦教授が応援演説を行った。
 山北氏は「私は自民党支持者だが、安倍政治を許せない」と切り出し、「理念なき野合政治ではなく、利権や金権、歪んだ政治とは無縁の知事を」と訴えた。
 また、橋本教授は「給付型奨学金と最低賃金の値上げを実現してほしい」と期待する。
 近藤候補選対本部の松本利寛本部長は「2人とも、私たちの主張を見て連絡をくれた。市民の輪は広がっており、投票率50%を目指す」と胸を張った。
(羽原仁志・連載終了)


近藤学候補(写真は届け出順)
三日月大造候補(写真は届け出順)

関連記事

powered by weblio




同日のニュース