八日市南高「玉露」販売

■平成30年6月15日(金) 第18142号

=17日、19日=

 【東近江】 奥永源寺地区で放棄茶園を借り受け、茶の栽培に取り組む八日市南高校食品科3年の生徒は17日と19日、収穫した玉露と煎茶の販売実習を、同科流通科学班2年生の生徒と共に市内で行う。
 同高の茶の栽培・販売実習は、地域貢献を通じて職業観・勤労観を育成するプロジェクトで、4年前から取り組まれている。昨年は、生徒らの努力が実って、念願の高級品種玉露の栽培、販売にこぎつけ、販売両日ともに約4時間で完売するほど好評だった。
 なお、販売日時と場所は、17日は午前9時半から道の駅「奥永源寺 渓流の里」(蓼畑町)、19日は正午から同高販売所(春日町)。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース