あこがれの山村暮らしいかが?東近江市が居住体験住宅

■平成30年6月13日(水) 第18140号

=奥永源寺、木造の山荘風 移住の呼び水に=

開放的なリビング

 【東近江】 東近江市への移住に関心のある人を対象にした、お試し居住体験住宅がこのほど、奥永源寺の同市政所町で開設された。
 これは、市内に滞在することで、地域の特性や風土、ライフスタイルを実感してもらおうと、同市から委託を受けた一般社団法人東近江住まいるバンク(同市八日市町)が実施するもの。委託費は、管理運営費と改修費で約144万円。
 貸し出される住宅は、築10年の木造二階建てで、延べ床面積約165平方メートル。吹き抜けとなっているリビングには、まきストーブが備え付けられ、山荘風の造りとなっている。


奥永源寺に開設された居住体験住宅

 利用可能期間は、2日間から最大7日間で、利用料金は大人2日間3000円から。中学生以下は無料。
 東近江市企画課は、「山村暮らしをしたい、広い家にあこがれる、自然に囲まれた場所が好きと考えている人の夢の実現に向けて利用してほしい」とPRしている。
 問い合わせと申し込みは、管理運営する一般社団法人東近江住まいるバンク(TEL0748―22―3366)へ。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース