近江八幡市臨時市議会 新庁舎建設工事の契約解除

■平成30年6月12日(火) 第18139号

=「検証委員会」設置を議決=

市庁舎整備工事検証委員会の設置について審議が行われた臨時議会

 【近江八幡】近江八幡市の臨時市議会が8日開かれ、条例の一部改正など3議案、専決処分の報告3件が提案され、原案通り可決した。
 条例の一部改正では、先の市長選で就任した小西理市長の公約であった新市庁舎建設工事の中止に伴い、建設計画や工事契約等が適正であったか等を調査する「市庁舎整備工事検証委員会」の設置について審議が行われた。
 市の案では、工事請負契約業者の選定手続きについての検証および契約解除に伴う損害賠償金の精査等の審議と調査を目的に設置するもので、法律、建築工事の専門知識を有する者と市長が必要と認める者合わせて4人以内で構成する。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース