近藤、三日月両候補が激突

■平成30年6月8日(金) 第18137号

=滋賀県知事選ひぶた切る=

 【全県】 任期満了に伴う県知事選は7日告示され、無所属新人で滋賀大学名誉教授の近藤学氏(68)=共産党推薦=と無所属現職の三日月大造氏(47)の二人が立候補し、それぞれ第一声を上げた。24日の投開票に向け、湖国の未来について熱い舌戦がスタートした。(石川政実、羽原仁志)

近藤候補「国政にもの言う知事を」
三日月候補「“健康しが”づくりへ」


 近藤候補は7日午前9時半から、地元のJR草津駅西口ロータリーで出発式を行った。現職の三日月候補を「国政にいいなりで教育や福祉の予算を削減している」と批判し、「国政に堂々とものを言い、誤りを正す知事が求められている。県民のカネを大型ハコもの建設に使うのか、切実な県民の要望、要求を実現するために使うのかを決めるのは皆さんの一票だ」と呼びかけた。
 さらに「市民と野党の共闘により、現政権を終わらせる大きな流れが来ている。この新しい流れに参加するのか、古い政治にしがみつくのか、その選択がこの滋賀の選挙で問われている」と気炎を吐いた。

 三日月候補は同日午前9時から、大津市の県庁前で出陣式を行い、「人の健康、自然の健康、社会の健康にみんなで力を合わせて、“健康しが”をつくっていこう」と訴えた。
 人の健康では「がんと(病気の)痛みと認知症の対策に取り組み、病と向き合う滋賀づくり」を掲げた。
 自然の健康では「次の4年間は、琵琶湖を守るため山と森の施策に力を入れたい」とした。
 社会の健康では「乗る人が少なくなって経営が厳しい近江鉄道や草津線などの公共交通に取り組みたい。このための財源をみんなでつくる(支える)仕組みづくりを行う」と意欲を見せた。
 知事選では、三日月県政の評価を争点に、2024年開催の滋賀国体施設整備問題や大戸川ダム(大津市)建設の是非、少子高齢化対策などについて論戦が交わされそうだ。
 また、6日現在の選挙人名簿登録者数は115万2781人(男56万2897人、女58万9884人)で、前回(2014年)の知事選の同期に比べ3万271人(2・7%)増となった。
 なお期日前投票は8日から、県内の市役所、町役場など63か所で、投票日前日の23日まで取り扱っている。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース