孫のために始めた手作り「木製自動車」作品展

■平成30年6月7日(木) 第18135号

=美しい木目と仕上がり=

かわらミュージアムで開かれている「夢をはぐくむ木製自動車」展

 【近江八幡】近江八幡市多賀町のかわらミュージアムで「夢をはぐくむ木製自動車」展が開かれている。7月31日まで。
 東近江市五個荘小幡町の片山文三さん(71)手作りの木製自動車65台が展示されている。設計図から外観デザインまで片山さんが考え、数枚の木板を張り合わせて形を作り、丁寧にヤスリがけを施しニスを重ねて完成させた丹精の作品が並べられている。全長20センチほどのスポーツカーから大きなトラックなど様々な車種をレース風に並べたコーナーや設計図と共に一台ずつ展示したものなど、木の温もりが感じられる作品に来場者の目を楽しませている。
 アンケートに答えると、片山さんが特別に制作したオリジナルの木製自動車(7台)を抽選でプレゼントする。応募は作品展期間中。
 入館料一般300円、小中学生200円。入館時間午前9時から午後4時半まで。問い合わせは、同ミュージアム(0748―33―8567)へ。6月中は無休、7月は月曜休館(16日は開館、17日休館)。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース