ごみゼロ大作戦

■平成30年5月30日(水) 第18128号

=市民130人が清掃作業=

ごみを可燃と不燃に分ける参加者

 【東近江】 県が提唱する5月30日の「環境美化の日」に合わせ27日、まちの清掃に取り組む「ごみゼロ(530)大作戦」が五個荘地区の大同川周辺で実施された。市民や企業、各種団体など約130人が参加し、清掃作業に汗を流した。
 参加する市民がポイ捨てや不法投棄防止意識の向上につながればと、東近江市と東近江市さわやか環境づくり協議会、美しい湖国をつくる会東近江支部が開催。参加者は可燃と不燃のごみ袋を手に持ち、金ばさみで一つ一つ丁寧にゴミを拾った。
 川周辺の道路や公園、河川敷などを清掃し、約1時間の作業で軽トラック1台分のごみを回収。空き缶や金属類などのごみが多かったほか、火鉢などの不法投棄もあった。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース