竜王町ビーチボール親善大会 県内外から90チーム出場

■平成30年5月29日(火) 第18127号

=さわやかな汗と交流=

第22回竜王町ビーチボール連盟親善大会

 【竜王】 第22回竜王町ビーチボール連盟親善大会(同連盟主催)が20日、竜王中学校体育館とドラゴンスポーツ体育館で行われた。
 今大会には県内外から90チームが参加、18歳以上、30歳以上、40歳以上、50歳以上、60歳以上の男女別に予選リーグと決勝トーナメントで順位を競った。
 「いつでも、どこでも、だれとでも!」をスローガンに、幅広い年代に親しまれているビーチボールを通じて体力と健康づくり、参加選手の交流を図ることを目的に毎年行われている。第20回大会までは1月に開催していたが、昨年から降雪時期を避けて5月に開催している。
 当日はいずれもハイレベルな戦いが繰り広げられ、参加チームはこの大会に参加することを目標に練習を重ねてきた。チームメイトと大きな声を掛け合い、懸命にボールを追いかけてレシーブし、力強いアタックを決める好プレーがあちこちで見られ、会場は熱気に包まれていた。
 今大会は県外の出場チームの多い中、県内チームが躍動。男子の部30歳以上で彦根市の「大和」、50歳以上で長浜市の「エビス」、女子の部50歳以上で竜王町の「ピンクキャッツ」、60歳以上で甲賀市・湖南市合同の「BEGIN」が見事頂点に輝いた。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース