日本政策金融公庫

■平成30年5月28日(月) 

=FUKUに資本性ローン適用=

 【全県】 日本政策金融公庫大津支店はこのほど、借入金の一部を自己資本とみなすことができる「資本性ローン」を(株)FUKU(守山市、福本和夫社長)に適用し、設備資金の融資を実施した。ちなみに昨年、県内で資本性ローンを同公庫が実施したのは2件2億円。
 資本性ローンは、創業・新規事業展開や事業再生などに取り組む中小企業・小規模事業者の体質強化を図るため資本性資金を供給する制度。この特例による債務については、金融検査上、自己資本とみなすことができる。
 同制度は2008年4月から中小企業向け(中小企業事業)で開始し、13年3月には小規模事業者向け(国民生活事業)にも新設され制度の拡充が図られてきた。
 一方、FUKUは15年に創業し、宅配ピザ大手のフランチャイジーとして宅配ピザや持ち帰りピザの販売を滋賀・京都府内で店舗展開している。今回の融資は、京都市内において1店舗を取得するための設備資金を供給するもの。
 同公庫は、メインの滋賀銀行大薮支店と連携して、創業から比較的間もない企業の事業拡大の支援を行っている。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース