「母の日」にちなみ 交通安全啓発

■平成30年5月15日(火) 第18115号

=ジュニアポリス姿で啓発 安土保育園の5歳児たち=

ジュニアポリス姿で交通安全を呼びかける園児たち

 【近江八幡】凛々しいジュニアポリスに扮した私立安土保育園児が11日、フレンドマート安土店前で交通安全の街頭啓発を行った。
 13日の「母の日」に呼応して買い物に訪れたお母さんたちを中心に交通事故に遭わないよう注意してもらおうと、近江八幡地区交通安全協会安土支部の啓発活動に5歳児17人と近江八幡署の交通課員ら3人が参加した。
 警察官の制服姿になった園児たちは店舗前2か所に分かれて整列し、「交通安全守ってね」と買い物客らに順番に声をかけながら、飲酒運転防止のチラシや「おかあさんいつもありがとう。これからもこうつうルールをしっかりまもりじこにあわないようにきをつけまーす」のメッセージカードを添えた地元特産野菜せんべいを配った。
 園児たちの呼びかけに来店客らは「かわいらしいね、ご苦労様、ありがとう」と、可愛いジュニアポリス姿に目を細めながら答えていた。
 園児たちは声を合わせて元気いっぱいに交通安全を呼びかけ、一生懸命啓発活動に取り組んだ。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース