びわこジャズ 心躍る2日間

■平成30年5月11日(金) 第18112号

=街中ステージをフォトレポート=

【東近江】 びわこジャズ東近江が先月29日、30日の両日、「普段の街中がステージ」をコンセプトに、八日市駅から東近江市役所にかけての一帯で開催され、市内外からの観客4万人がジャズやロック、フォークソングを楽しんだ。
 東近江を盛り上げようと始まった同イベントは、今年で節目となる10回目。2日間で延べ40ステージ、出演したプロ・アマ約230組が、街のそこかしこで演奏を繰り広げた。


記念すべき10回目の今回は、これまで出演歴のあるゲストを招いた。国内外で活躍するトランぺッター広瀬未来(みき)氏率いるクインテットは、熱いステージで観客を魅了した。(アピアホール)
関西を拠点に活躍するサックスプレイヤー西村有香里氏は第1回から参加し、今や「びわこジャズ東近江」の顔。今回はスペシャルメンバーで構成するカルテットで駆けつけ、節目の年を祝った。(市役所ステージ)
街の玄関口である八日市駅前「歩行者天国ステージ」では、アフロヘアがトレードマークのバンドが、近江鉄道で訪れた観客をノリのいい楽曲でお出迎え。
プロのゲストがそろい踏みした圧巻のフィナーレステージ。
ピアノとコントラバスの息の合ったセッション
ダンスや大道芸などのパフォーマンスが披露されたストリートチャレンジ(市役所〜西友)でМCを務めた龍谷大学放送局の平岡みのりさん(21)。
国内唯一のBМXプロパフォーマーが次々と大技を連発し、観客の目を釘付けに。
公式グッズを購入して参加すれば、テンションはさらに上昇。写真は本部で販売されていた公式Tシャツ。

関連記事

powered by weblio




同日のニュース