大ホール改修完成 気持ちも一新、愛されるコミセンに

■平成30年5月8日(火) 第18109号

=五個荘コミュニティセンター=

記念公演で完成を祝った会場

 【東近江】 昨年11月から改修工事を行ってきた五個荘コミュニティセンター(東近江市五個荘小幡町)の大ホールがこのほど完成し、それを祝う記念公演が先月29日に開かれた。
 公演には関係者や地元住民など約400人が参加。五個荘地区まちづくり協議会の小杉勇会長は「この日を一つの節目として、職員や関係者らが心と気持ちを新たに持って、地域のみなさんに喜んで愛してもらえるコミセンに仕上げていきたい」と関係者らに感謝の言葉を送り、小椋正清東近江市長ら来賓も祝辞を述べた。
 公演では地元の和太鼓グループ「響音」やゲストパフォーマーのステージが会場を盛り上げ、来場者全員で完成を喜んだ。
 同センターは昭和57年に竣工。設備の老朽化や耐震補強などを目的に今回はじめての改修となった。
 主な改修は大ホールで、天井の耐震工事をはじめ、空調設備、屋根の防水、照明のLED化、緞帳(どんちょう)の一新、器具の更新など。総工事費は約5000万円。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース