西川さんの庭園 28日から一般公開

■平成30年4月24日(火) 第18097号

=10年目のオープンガーデン 来場者増え、今年で最後に=

毎年、多くの来場者で賑わう西川さんの庭園

 【近江八幡】花育アドバイザーでもある近江八幡市南津田町、西川新吾さんの自宅庭で28日からオープンガーデンが開かれる。
 子どもの時から花づくりが好きだった西川さんは、23年前自宅の新築を機に庭園造りを考え、花の植栽を始めた。
 植物の豊富な知識と経験を生かして花園づくりに取り組み、現在では和洋合わせて約100種類の花々が咲き、美しさを競う庭園に作りあげた。
 2009年から「花のまちづくり」とガーデン装飾のデザイン提案をコンセプトに毎年、一般開放を行ってきたが、丹精込めた庭園の美しさが話題となり3年前から来場者がのべ3千人を超えるようになり、開放を継続することが難しくなったことからオープン10年目を機に一般公開を終了することにした。
 見納めとなる今年は「庭からはじまる花のまちづくりと魅せる作例」をテーマに彩りの美しさが楽しめ、地域に花のまちづくりが広がることを願って製作したディスプレイや大八車に加え額縁コンテナの植え込みなどを展示する。
 花々の成育管理はもちろん、ガーデン通路には果樹の剪定材をチップ化した木片を敷き詰めて雑草の抑制や土壌改良等に活用したり、使わなくなった幼児用自転車を装飾品として使うなど、庭園デザインの随所に西川さんの創意工夫が見られる。
 一般公開日は、5月1、2日を除く28日から5月4日まで。時間は午前9時〜午後4時半。入園は無料だが庭の管理維持のための協力金(100円)を呼びかけている。詳しくはブログ(http://shingogarden.blog.fc2.com/)。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース