県内の3労働基準監督署に

■平成30年4月15日(日) 第18090号

=「労働時間改善指導・援助チーム」編成=

 【全県】 厚生労働省と滋賀労働局(大山剛二局長)はこのほど、県内の3労働基準監督署内に労働条件の確保・改善を目的にした「労働時間改善指導・援助チーム」を編成した。
 このチームは「労働時間相談・支援班」、「調査・指導班」の2つの班で編成されている。
 「労働時間相談・支援班」は、県内の労働基準監督署内に「労働時間相談・支援コーナー」を設置し、中小企業の事業主からの労働関係法令や長時間労働の削減に向けた取り組みについての相談を受けている。
 相談内容は(1)時間外・休日労働協定(36協定)を含む労働時間制度全般(2)変形労働時間制度などの労働時間に関する制度導入(3)長時間労働の削減に向けた取り組み(4)時間外労働の上限設定などに取り組む際に利用可能な助成金―など。
 問い合わせは、大津労働時間相談・支援コーナー(TEL077―522―6616)、彦根同コーナー(TEL0749―22―0654)、東近江同コーナー(TEL0748―22―0394)へ。
 一方、「調査・指導班」は、任命を受けた労働基準監督官が、長時間労働を是正するための監督指導を行う。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース