びわこ学院大学・短大部で卒業式

■平成30年3月18日(日) 第18066号

=137人が巣立つ=

賀川学長から卒業証書を受け取る卒業生

 【東近江】 びわこ学院大学と同短期大学部(東近江市布施町)の卒業式が16日行われ、袴やスーツに身を包んだ卒業生137人が巣立った。
 卒業証書・学位記授与のあと、賀川昌明学長は式辞で、「維新の三傑」と称される西郷隆盛の平等主義を表すとされる「己を尽くして人を咎(とが)めず」で始まる言葉を引き合いに出し、「人は自分に甘く、他人に厳しくなりがちなもの。しかし、“平等であれ”ということが人に慕われ、ひいては自分の目的を達成しやすくなる。卒業生はこれから様々な環境の中で仕事を続けることになる。そしてその環境の中で自分の個性を発揮し、自分の居場所をつくり上げないといけない。その中で西郷隆盛の言葉は大切になってくるので参考にしてほしい」と、はなむけの言葉を送った。
 卒業生謝辞では、スポーツ教育学科4回生の平塚宏弥さんが、「びわこ学院で学び、経験したことを糧にして、卒業生一同精進してゆきたい」と、社会での活躍を誓った。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース