天理教日野大教会 地域避難集合場所に使用

■平成30年3月13日(火) 第18061号

=別所・曙地区が災害協定 長期の避難生活も可能=

協定を結んだ(左から)川原正曙区長、宇野義明教会代表、清水茂紀別所区長、藤澤町長

 【日野】 日野町別所の天理教日野大教会と同町別所区及び曙区は先月28日、災害時に「地域避難集合場所としての施設使用に関する協定」を日野町防災センターで締結した。
 調印式には藤澤直広町長はじめ町、関係者が出席した。
 藤澤町長は「近年、日野町にも災害が発生しており、避難所の提供は、地域住民の大きな力になる」とあいさつ。同教会代表役員の宇野義明さんは「地域の人たちの安心、安全につながることに使っていただけることは大変うれしい」と話した。
 同教会は別所、曙区の近くにあり、日常生活が送れる環境が整っており長期の避難生活が可能。両区長は「別所区の住民は約150人、曙区は約600人、大きな敷地と建物で一度に多くの住民が避難できる、本当にありがたい」と感謝した。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース