「近江を愛した先人たちの言葉」

■平成30年3月12日(月) 

=渕上清二氏の著書=

 【全県】 先ごろ刊行された守山市在住の渕上清二氏の著書「近江を愛した先人たちの言葉」(サンライズ出版)では、近江にゆかりの深い人々162人を取り上げ、それぞれの人生の節目の言葉や詩、座右の銘、辞世の句、先祖代々の家訓などを紹介。登場する人物は、白洲正子(能研究・随筆家)をはじめ、田原総一朗(ジャーナリスト)や明智光秀(戦国武将)、伊藤忠兵衛初代(伊藤忠創業者)などバラエティに富んだ古今の人々となっている。価格は2200円+消費税。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース