近江鉄道など私鉄8社が24日、25日

■平成30年3月12日(月) 

=「鉄むす」記念硬券、「万鉄まつり」で販売=

記念硬券セットのイメージ

 近江鉄道など関西を中心にした私鉄8社は24日、25日の両日、各社の制服を着たキャラクター「鉄道むすめ」をあしらった記念硬券セットを万博記念公園(吹田市)で開催される「万博鉄道まつり2018」で販売する。
 「鉄道むすめ」は、大手玩具メーカーが展開するキャラクターコンテンツで、70人を超えるキャラクターに各社の特徴にあわせた「ネーミング」や「性格」が設定されている。
 例えば、近江鉄道をイメージした「豊郷あかね」のネーミングは、豊郷駅と万葉あかね線(八日市―近江八幡)に由来する。熱心な野球ファンで、生まれ月の星座は「しし座」だ。
 今回記念硬券セットを販売するのは、近江鉄道のほか、大阪モノレール、嵯峨野観光鉄道、泉北高速鉄道、智頭急行、北神急行電鉄、水間鉄道、和歌山電鐵。
 各社の台紙にD型の記念硬券が入っており、8社分の台紙を集めてつなげると一つのイラストになる。台紙の価格は一社につき1500円(税込)。
 当日の開催可否は同まつりのホームページ(http://2018.bantetsu.com/)。問い合わせは近江鉄道鉄道部(TEL0749―22―3303)へ。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース