専門家の講演会も 天然芝の上でタグラグビー

■平成30年2月13日(火) 第18037号

=NPO法人東近江スポーツクラブ楽苦備=

開催を呼びかけるチラシ

 【東近江】 ラグビーの振興や普及活動に取り組んでいるNPO法人東近江スポーツクラブ楽苦備は、運動やコミュニケーションが苦手な子どもでも楽しめるタグラグビーの体験や、専門家によるメンタルトレーニングの講演会(滋賀報知新聞社など後援)を25日、布引グリーンスタジアムで開催する。参加無料。
 午前9時半からは、「みんなで一緒に楽しく体を動かそう!」をテーマに、腰につけたタグを取って楽しむタグラグビーを行う。幼児から中学生が対象で、ケガの心配が少ない天然芝で開き、飛び入り参加も可能。
 また午前10時半からは、日本スポーツ心理学会認定スポーツメンタルトレーニング指導士の竹内早耶香さんの講演会「子どもの心を豊かにする方法〜心を表すマインドマップの活用方法〜」が開かれ、スポーツ現場でも役立つ「思考整理術」などが紹介される。
 タグラグビーは申し込み不要。講演会は定員30人(先着順)。申し込みは、指定の申し込み書に必要事項を記入し、ファックス(0748―23―5297)で。
 問い合わせは、同クラブの西山栄二さん(TEL090―8234―2840)まで。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース