琵琶湖汽船 冬の琵琶湖楽しむ

■平成30年1月17日(水) 第18014号

=多彩なクルーズ=

冬のミシガンクルーズ

 【大津】 琵琶湖汽船(大津市)は、琵琶湖の冬を楽しむ多彩なクルーズを出航している。
 おなじみの外輪船ミシガンのクルーズ「ミシガン80」は、シャンデリアやじゅうたんなどの豪華な内装とシェフこだわり料理が自慢。冬期運航は3月9日までで、大津港出航は(1)午前10時、(2)同11時40分、(3)午後1時半。(1)は日・祝日のみの運航、(2)(3)は2月21日までの火・水曜を除く毎日運航。
 「びわ湖縦走港めぐり 雪見船」は、大津港を出航し、おごと、琵琶湖大橋、彦根、長浜の各港に寄港しながら冬の琵琶湖を縦走する。予約制。片道(大津〜長浜)大人3000円、小人1500円、往復大人5000円、小人2500円。期間は3月9日まで。今月31日までは土、日、月のみの運航。


冬の琵琶湖を縦走する雪見船

 このほか、モロコやコアユなどの「琵琶湖八珍」と地酒が楽しめるビアンカ「琵琶湖八珍の悦び 2018」(大津港発着、3月18日午前10時〜午後3時、予約制)(8500円)、3月21日・22日の1泊2日で作家の白洲正子が感じた琵琶湖の神々を巡る「カミとホトケが交わる湖(うみ)」(大津港9時半発、予約制)(2万6400円)などがある。
 問い合わせと予約は、同社予約センター(TEL077―524―5000)もしくは同社ホームページ(http://www.biwakokisen.co.jp/)へ。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース