越冬するトンボ観察会

■平成30年1月8日(月) 

=参加者募集=

 【東近江】西堀榮三郎記念探検の殿堂で13日午前9時半から「冬を越すトンボをさがそう」が開かれる。
 トンボの生態に詳しい澤田弘行さんの解説で、夏にふ化したトンボが幼虫のまま越冬する「ホソミオツネントンボ」を探索する。
 東近江市内では、田んぼの水路で小枝のようにじっとして寒い冬を越す姿が観察できる。体長は3〜4センチぐらいで、越冬する珍しいトンボのようすを自然の中で学ぶ。参加無料。定員は先着15人(親子の参加可)。防寒着、虫めがねを持参する。駐車場に集合し車で観察地まで移動する。問い合わせと参加申し込みは、探検の殿堂TEL0749―45―0011)へ。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース