米やブドウ、ナシを栽培 愛のまちエコ倶楽部

■平成30年1月7日(日) 第18006号

=鈴鹿山を望んだ農業体験=

 【東近江】 地域の環境保全活動を行っているNPO法人愛のまちエコ倶楽部は、農業体験などに触れる「田舎もん体験2018」の参加者を募集している。
 鈴鹿山麓に位置し、豊かな自然が広がる東近江市愛東地区で、米や果物といった特産物に触れる農業体験。種まきから収穫まで、1年を通した各種体験を開催する。
 各種体験は次の通り。
 ▽一からの米づくり(5月〜11月)=種まきから田植え、稲刈り、稲架(はさ)がけまで、米づくりの全てを体験。参加費1万2千円。年間作業は10回ほど。自分で育てた米20キログラムの特典と、田植えと稲刈り日は昼食付き。
 ▽農家みたいに米づくり(5月〜9月)=農薬を使用しない栽培方法で、農家指導のもと、田植機やトラクター、コンバインを使った米づくり。参加費10万円(1区画1000平方メートル)。特典は収穫した米。
 ▽愛エコぶどう倶楽部(4月〜12月)=環境こだわり農産物認証のブドウ園で、ブドウづくり体験。ジャム作りなどの加工体験も行い、新規就農をめざす人も歓迎。参加費7000円(1組)。年間作業は12回ほど。特典はブドウ2キログラム。
 ▽愛エコ梨倶楽部(4月〜3月)=愛東特産品の「幸水」「豊水」「愛甘水」などの愛東梨の本格栽培をめざす。プロ指導のもと、冬場の剪定(せんてい)作業から収穫出荷作業までを行う。参加費5000円。
 ▽一からのみそづくり(5月〜1月)=無農薬の大豆栽培と地元のお母さんに教わるみそ仕込み。みそに関する勉強会も開く。参加費1万円(1区画)。年間作業は10回ほど。特典は収穫大豆仕込む味噌4キログラムと枝豆。
 ▽お茶っぱーず☆(4月〜3月)=茶農家と、担い手のない茶園を整備しながら無農薬栽培を学ぶ。参加費6000円(1組)。年間作業は10回ほど。特典は収穫茶1キログラム。
 ▽わいわい農園=自然に囲まれた農園で好きな野菜を栽培。参加者交流会や収穫物販売会、プロ農家との交流など様々なイベントも開催する。料金は6000円(1区画約40平方メートル)。ミニ耕うん機、クワなどを設備。
 ▽里守隊=木の伐採やまき割りなど、里山の保全活動。昼食は石窯ピザやまき炊きご飯を堪能する。毎月第3日曜日に活動。参加費500円(1回)。
 申し込みと問い合わせは、同倶楽部事務局(TEL0749―46―8100)まで。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース