市民公開講座 慢性腎臓病を知る

■平成29年12月7日(木) 第17982号

=男女共同参画センター=

 【近江八幡】近江八幡市立総合医療センターは24日午前10時から県立男女共同参画センターで市民公開講座「腎臓病を知る責任」を開く。
 国民の8人に1人が患っていると言われている慢性腎臓病(CKD)。その2大増悪因子である尿蛋白と高血圧をとりあげ、腎機能を悪化させる仕組みやコントロールの仕方について専門医らが分かりやすく解説する。
 八田告腎臓センター顧問の司会で、門浩志腎臓センター長の講演「腎機能増悪因子のコントロールは大丈夫?〜尿蛋白と高血圧は腎臓をどんどん悪くする〜」に続いて、管理栄養士の食事療法講座「適正な体重コントロールについて」、臨床工学技士の講座「睡眠時無呼吸症候群(SAS)について〜あなたの睡眠大丈夫?〜」を開く。劇団CKDによる寸劇の上演とお土産抽選会も行う。参加費無料、事前予約不要。問い合わせは同医療センター(TEL0748―33―3151)へ。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース