宮本元プロが熱血指導

■平成29年11月24日(金) 第17971号

=軟式野球教室=

 東京ヤクルトスワローズの内野手として活躍し、2018年から同チームの1軍ヘッドコーチを務める元プロ野球選手の宮本慎也さん(47)による軟式野球教室(主催=びわこ学院大学、共催=東近江市スポーツ少年団)が18日、滋賀学園の野球部屋内練習場で開かれ、参加した市内のスポーツ少年団員33人が、攻守で使う基本技術などを学んだ。


 教室では、ボールの正しい持ち方や投げ方などを実演しながら子どもたちに伝え、バッティングのアドバイスとして「タイミングが一番大事。そこを自分で見つけてほしい」と話した。
 キャッチボールやティーバッティングの直接指導も行われ、バットスイングがきれいと声をかけられた八日市北BCスポーツ少年団の中川穂乃伽さん(12)は「バットを引くタイミングがよくわかった」と目を輝かせていた。


 また、「友達の遊びを断って優先して野球の練習をやり、良いと言われることは全てやってきた」など、プロ野球選手になりたい一心で野球に打ち込んできた少年時代のエピソードも伝えられ、子どもたちは真剣な表情で聞いていた。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース