クラブハリエ小野林シェフ 山上小で「食の出張講座」

■平成29年11月20日(月) 

=児童に料理の楽しさ伝える=

児童らに実技をみせる小野林シェフ

 【東近江】 洋菓子の世界大会で優勝するなど活躍中の「クラブハリエ 八日市の杜」(東近江市八日市緑町)のシェフ、小野林範さんがこのほど、東近江市立山上小学校(同市山上町)を訪れ、同校支援学級に通学する児童と保護者にケーキ創作の楽しさやおいしさを伝えた。
 この取り組みは、県内の小学生を対象に実施されている「食の匠の出張講座」(フジノ食品主催)の一環で、和洋中の一流シェフの実演、指導を通じて、「作ること・食べることの楽しさ」を学んでもらうのが目的。昨年度まで37校で実施された。
 この日、山上小の児童が挑戦したのは、フルーツたっぷりのロールケーキ。はじめに小野林さんが手本として、オレンジの皮むきや切り方、生クリームの塗り方などを実演した。生クリームは固めに仕上げるのがコツで、指で感触を確かめた児童は「結構、固い」と驚いていた。この後、児童と保護者が、小野林さんらシェフの手ほどきを受けながら、ケーキづくりを楽しんだ。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース