「土木の日」イベント 見学しよう建設中の橋を

■平成29年11月15日(水) 第17963号

=県道大津信楽線の工事現場=

 【大津】 国交省大戸川ダム工事事務所が18日午前10時〜午後2時まで、大津市上田上牧町地先の県道16号大津信楽線新3号橋でコンクリート橋の工事現場見学会「北緯34度56分・標高201・711mの世界へご招待」を行う。これは、11月18日が「土木の日」として1987年に制定されたことにちなみ、普段は見ることのできない現場を紹介するもの。
 同コンクリート橋は来年3月に完成予定で、大戸川ダム建設に伴い水没する県道大津信楽線の付け替え道路の一部として建設が進んでいる。催し当日は高さ30メートルからの展望や、橋桁内の見学のほか、工事用エレベーターにも乗ることができる。
 参加するためには、動きやすい服装(ズボン、運動靴着用)をする。荒天の場合は中止になる。中止の情報は前日17日正午までに「大戸川ダム工事事務所」のホームページに掲載される。問い合わせは(TEL077・545・5675)まで。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース