刀匠北川氏の鍛刀場見学も

■平成29年11月14日(火) 第17962号

=刀剣の美 鑑賞のツボ受講者募集!=

刀を手にとって鑑賞する受講者(過去開催の様子)

 【東近江】 近江商人博物館(東近江市五個荘竜田町)は、18日と25日に開催する講座「刀剣の美 鑑賞のツボ」の受講者を募集している。
 近江商人が旅行きの時に持った道中ざしのほか、日本刀や槍などを所有している同館が、美術刀剣保存協会京都府支部理事の村井信夫さんと、日本美術刀剣保存会主催の新作名刀展で9年連続入賞した市内在住の刀匠・北川正忠さんを講師に迎え、日本刀の歴史や鑑賞のポイントを伝授する。
 日本刀の歴史や制作工程の話、鑑賞の作法などを18日(午後1時半〜同3時半)に学び、25日(午後1時〜同4時)には、北川刀匠の鍛刀場で刀作りが見学できる貴重な講座となっている。
 定員は先着20人。参加費は18日が500円(テキスト代込)、25日が1000円。
 申し込みと問い合わせは、同館(TEL0748―48―7101)まで。休館日は月曜日と祝日の翌日。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース