カルビーが「ポテトチップス鮒ずし味」を発売へ

■平成29年11月13日(月) 

=滋賀ならではの味再現 13日から近畿2府4県で=

カルビー「ポテトチップス鮒ずし味」

 【全県】 カルビー(株)(東京都千代田区、伊藤秀二代表取締役社長兼CEO)は13日から、滋賀の郷土料理「鮒ずし」の味わいを再現した「ポテトチップス鮒ずし味」を数量、期間限定で近畿2府4県において発売する。
 この商品は、同社が展開している47都道府県の地元ならではの味を開発する取り組み「ラブジャパン」の企画で生まれたもの。地域自治体などと協力して商品を開発しており、滋賀らしい味わいを探るために県庁職員も加わり、ワークショップや試食会を重ねた上で県を代表する郷土料理の「鮒ずし」のポテトチップスが選ばれた。鮒ずし好きな人にはもちろんのこと、苦手な人にも食べたことのない人にも親しまれるようにと、酸味の効いた味わい深いおいしさに仕上げた。パッケージには県民にお馴染みの風物を盛り込んである。
 鮒ずし味に決定されるまでは、牛のじゅんじゅんやえび豆、鮎のアメ煮のアイデアも出されたが、多くの試作を経て最終的に県内外で有名な鮒ずし味に決定された。
 パッケージは、鮒ずしの卵をイメージさせるオレンジ色と琵琶湖の青色を背景に、信楽焼のタヌキや県のキャラクター「キャッフィー」、琵琶湖の学習船「うみのこ」などのイラストが描かれている。
 13日からはコンビニエンスストア、27日からはコンビニ以外の店舗で順次発売されるが、商品がなくなり次第販売は終了となる。



関連記事

powered by weblio




同日のニュース