べんがら色の食品販売 立命館大生が開催

■平成29年11月11日(土) 第17960号

=旧吉田邸で18・19日=

 【近江八幡】立命館大学経済学部寺脇ゼミに所属する学生有志22人は、赤こんにゃくやべんがら格子など近江八幡とゆかりの深い「べんがら色」に注目した食イベント「べんがら色彩スイーツ&ミール2DAYS」を18日と19日の午前10時から午後4時まで旧吉田邸(近江八幡市多賀町)で開催する。
 八幡堀周辺の店舗の協力で地元食材の赤こんにゃく、近江牛、朝恋トマトを使った「べんがらトルティーヤ巻」(1個250円、1日100個限定)を商品開発し、八幡商業高校生らと連携し販売する。
 会場では、学生らが作成した料理本「べんがら色彩スイーツ&ミールレシピ集」や八幡堀周辺の飲食店を紹介する冊子を配布する。また、近江商人の手法である「産物回し」(訪問地での特産物を仕入れ、次の訪問地等で販売する)の販売実習として赤こんにゃくなどの地元特産品の販売コーナーも併設する。問い合わせは立命館大学広報課(TEL075―813―8300)へ。



関連記事

powered by weblio




同日のニュース