参加者募集 手作りモーター教室

■平成29年11月6日(月) 

=親子で考える工作教室 18日午後2時〜 探検の殿堂=

手作りモーターの完成度を競う回転数競技大会のようす

 【東近江】関西電気保安協会と西堀榮三郎記念探検の殿堂無線倶楽部は、18日午後2時から探検の殿堂で開く「手作りモーター製作教室&回転数競技大会」(協力・同探検の殿堂)の参加者を募っている。参加無料。
 手作りモーターは、同協会が小学高学年を対象に開催している「こども電気出前教室」の一環で、電気を安全に使うための講習に続いて、直流モーターが回転する仕組みや構造を学び、乾電池で動く簡単なモーターを製作する。
 エナメル線を十円玉ぐらいのリング状に巻いてコイルを作り、クリップでその両端を支え、コイル部分を永久磁石の上にかざすようにおいて、通電させると回転が続くという仕組み。モーターが回り続ける原理を体験を通して知ることで、正しい電気の使い方の学びにつなげる。
 このあとの回転数競技大会では、手作りモーターの出来映えや効率的な回転を促す知恵と技能を競い合い、倶楽部員が製作した回転点数計で手作りモーターの回転数を計測して完成度を比較する。3位までの入賞者には特製のお菓子トロフィーを贈る。
 完成したモーターのエナメル線が真円に近い正確なリング状に巻けているかや磁石との微妙な距離、電気が流れるブラシ部分の仕上がり精度、回転軸の直進性など、様々な工夫により回転を妨げるリスクを軽減する工夫を親子で考え、ものづくりの楽しさと達成感が味える。
 参加対象は、小学3年以上の子どもとその家族(4年生以上は1人参加も可)。募集人数は20組(先着順)。13日締め切り。問い合わせと参加申し込みは、探検の殿堂(TEL0749―45―0011)へ。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース