スターバックスが信楽焼のマグカップ

■平成29年11月2日(木) 第17952号

=甲賀水口店限定=

「マグShigaraki」の赤と黒

 【甲賀】 スターバックスコーヒージャパン(株)(本社東京都、水口貴文代表取締役)は、このほど甲賀市甲賀水口店限定で、マグカップ「マグShigaraki赤325ml」と「マグShigaraki黒325ml」をJIMOTOmadeシリーズとして販売を開始した。
 この商品は、1200年の歴史を持ち日本六古窯の一つとされる信楽焼のマグカップで、甲賀市信楽町の窯元「卯山窯」が手がけた。同窯は、信楽焼の技法を守りつつも現代の生活シーンに合わせ、楽しんで使える焼き物を創作している。
 2色のマグカップは、信楽焼の特徴である良質な陶土の素朴な風合いと、窯の中で炎の当たり具合によって焼き上がりが変化する趣の深さを表現している。「赤」は、焼成の過程で十分な酸素がある状態で焼かれる酸化焼成の手法で焼かれることで赤色の暖かみのある色合い。「黒」は酸素が足りない状態で焼成を進行させ、“窒息状態”のまま温度を下げていく冷却還元焼成によって黒色がかったぬくもりのある印象に仕上がっている。
 また、丸みを帯びた形は信楽焼を代表するたぬきをモチーフにしており、コーヒーの香りをより楽しめる形状。
 このJIMOTOmadeシリーズは、同社が地域とのつながりをより強くするための活動として日本各地の伝統工芸や職人の技術を取り入れた商品を開発し、その土地の店舗限定で販売する取り組みで15年に始まった。
 「マグShigaraki赤325ml」と「マグShigaraki黒325ml」はいずれも3800円(税抜き)で、購入は1人1商品につき5個までとなっている。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース