糸賀一雄記念賞 第十六回音楽祭

■平成29年10月30日(月) 

=栗東芸術文化会館さきら11月5日=

 【栗東】 障害者福祉の発展に尽力した糸賀一雄氏の心を受け継ごうと、糸賀一雄記念賞第十六回音楽祭(主催=同祭実行委員会、社会福祉法人グロー)が11月5日午後2時から、栗東市の栗東芸術文化会館さきらで行われる。県内各地で即興演奏やダンスなどの表現活動をするワークショップ6団体と、さきらジュニアオーケストラ、ミュージシャンの小室等氏をはじめ、国内外で活躍する奏者がゲストとして登場する。
 同音楽祭は、福祉の分野で顕著な活躍をしている個人や団体に向けて贈られる「糸賀一雄記念賞」と「記念未来賞」の受賞者を祝うために2002年から毎年開催しているもの。
 出演する6団体は、近江学園ワークショップグループ(打楽器)、大津ワークショップグループ(即興演奏)、甲賀ワークショップグループ(合奏)、湖西ワークショップグループ(合唱)、湖東ワークショップグループ(打楽器)、湖南ワークショップグループ(ダンス)。
 また、ゲストミュージシャンは坂田明(サックス)、谷川賢作(ピアノ)、高良久美子(パーカッション)、竹田裕美子(アコーディオン、キーボード)、吉田隆一(バリトンサックス、フルート)、こむろゆい(ヴォーカル)の6人。
 総合プロデューサーを務める小室等氏は、糸賀一雄氏生誕100年を記念して制作された「ほほえむちから」(谷川俊太郎作詞)の作曲を担当した。音楽祭のフィナーレでは、この歌を出演者、観覧者など全員で合唱する。
 前売券は一般1350円、障害者・65歳以上・学生900円、中高生450円。当日券は一般1500円、障害者・65歳以上・学生1000円、中高生500円。
 問い合わせは同音楽祭実行委員会事務局の電話(0748・46・8100 土、日、祝日は休み)まで。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース