首都圏に情報発信へ「びわ湖周遊浪漫紀行」パンフ作成

■平成29年10月30日(月) 

=近江商人の五個荘を巡るツアー紹介=

 【全県】 琵琶湖環状線利用促進協議会はこのほど「びわ湖“周遊浪漫”紀行」(2017秋冬版)のパンフレットを3万9千部作成し、ゆめぷらざ滋賀や旅行会社の首都圏の店舗などで配布することで、滋賀の魅力を広く伝えるための情報発信をする。
 同パンフの内容としては、今秋から始まる催し「水の文化ぐるっと博」のまち歩きや体験プログラムなどの観光情報や、県内を1泊2日で巡るモデルコースの紹介、琵琶湖環状線を利用した旅の提案などが記載され、公共交通機関と自転車や徒歩を組み合せた周遊観光の魅力を県外にアピールする。
 内容の一部には「白壁と舟板塀の町並み 近江商人のふるさと五個荘を巡る」コースや、「伊吹山山麓でそば打ち体験」、「世界遺産延暦寺の釈迦堂特別公開と修行の道をあるく」、「特別拝観 日本遺産 西国三十三所 草創1300年 長命寺 三重塔内陣拝観」などがある。そのほか、宿泊施設の情報や県内の鉄道網や主な観光スポットがひと目でわかるマップなども掲載されており、観光客の誘致を図る。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース