旧パルコに平和堂出店 来春オープンを目指す

■平成29年10月29日(日) 第17949号

=食料品など日用品中心のスーパーマーケット予定=

ひっそりとたたずむ旧パルコビル

 【大津】 平和堂(本社彦根市、平松正嗣社長)はアーク不動産(大阪市)が所有する旧大津パルコのビル(大津市打出浜)に、店舗を出店することを決めた。具体的には、平和堂が来春に食料品を中心にしたスーパーマーケットを同ビルの一階に開設するもの。
 旧大津パルコは1996年にオープンし、最先端のファッションビルとして、若者文化の発信拠点になっていた。しかし、大型商業施設が近隣に相次いでオープンしたことやファッショントレンドの変化などで、売上げが低迷し、アーク不動産が昨年10月から同ビルを所有することになった。
 平和堂は、来春オープンを目指し、店舗従業員の採用活動など出店準備を開始する。同社は、近畿東海北陸の2府4県に150店舗、うち県内には73店舗、大津市内には16店舗の総合スーパーや食品スーパーマーケットを営業している。
 同社では「地域の人の毎日の食卓や生活に役立つ店舗を目指したい」としていた。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース