児童103人夏の思い出 大賞に桝田さん 31日まで アピアで

■平成29年10月27日(金) 第17947号

=家族ふれあい・絆をテーマにした絵画・ポスター展=

【東近江】  家族の絆を強め、家族とともにふれあう地域社会づくりの一環にと、東近江市青少年育成市民会議八日市支部が募集した「家族のふれあい・絆をテーマとした絵画・ポスター展」の入賞作品がこのほど、同支部の家庭対策部会で決定した。
 夏休み期間中の市内小・中学生を対象に募集したもので、家族旅行や夏祭り、誕生日会など、家族と夏休みを過ごした楽しい思い出を描いた作品103点の応募があった。
 入賞者は、家族ふれあい大賞に桝田陽生さん(布小3)、家族ふれあい優秀賞に米井心桃さん(御小5)、梅本拓虎さん(玉小1)、和田凱登さん(八西小2)の計4人。11月18日に開かれる第48回青少年の主張大会(八日市支部)で表彰される。
 応募作品103点は、ショッピングプラザアピア4階情報プラザ(八日市浜野町)で展示している。10月31日まで。


桝田陽生さん「家族で行った初めてのキャンプ」
米井心桃さん「みんなでHAPPY BIRTH DAY」
梅本拓虎「ざりがにつかみ」
和田凱登「夏祭り行って楽しかったよ!」

関連記事

powered by weblio




同日のニュース