滋賀銀、県、労働局の3者

■平成29年10月8日(日) 第17932号

=働き方改革で連携協定=

向かって右から大山剛二氏、三日月大造氏、高橋祥二郎氏

 【全県】 滋賀銀行と県、滋賀労働局はこのほど、働き方改革を推進するため包括連携協定を大津市の県公館で締結した。県内の中小企業を中心に長時間労働の是正など働き方改革の推進に取り組んでもらおうとするもので、単独金融機関と県、国との協定は全国初の試み。
 提携式には、滋賀銀行の高橋祥二郎頭取、県の三日月大造知事、滋賀労働局の大山剛二局長が出席した。
 協定の内容は(1)労働者の職場環境を含めた処遇の改善、ワーク・ライフ・バランスの推進(2)県内事業場の雇用の促進や、人材育成、多様な働き方の(3)労働局や県が行う働き方改革に関する施策の広報や周知の徹底―など。
 具体的事例では▽セミナーなどの共催や講師派遣▽働き方改革に取り組む事業場に三者が連携して、国や県が行う働き方改革などに関する無料コンサルタント制度や各種助成金制度の支援策を事業所訪問の際に周知する▽三者が協働して労働関係分野の広報・啓発等を進める▽働き方改革の好事例の収集・情報発信―に取り組む。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース