竜王町子ども英語スピーチ大会 練習の成果を力一杯発揮

■平成29年9月10日(日) 第17908号

=教育長賞に大原さんと犬井さん 回重ねるごとにレベルアップ=

子ども英語スピーチ大会の入賞者

◇竜王
 竜王町教委主催の「第7回竜王町子ども英語スピーチ大会」がこのほど、竜王町公民館で開かれた。
 英語で表現することの楽しさと伝わる喜びを得ると共に児童や生徒の外国語に対する興味、関心を高め、コミュニケーション能力と英語力の向上につなげようと毎年、開催している。
 小学生の部と中学生の部にそれぞれ13人が出場。好きな詩や物語、自分の思いなどを発表した。
 緊張している児童や生徒もいたが、手を使ったり、声に抑揚をつけて話したり、熱のこもった発表に来場者が耳を傾けた。
 8人の審査員が暗唱力、発音やリズムなどの会話力、声の大きさや聞き取りやすいスピード、表情などを審査し入賞者を選んだ。
 教育長賞を受賞した大原妃さん(竜王西小4年)は「2年間、努力賞だったので毎日練習しました。リベンジできてうれしいです」また、犬井澄さん(竜王中2年)は「特に感情を入れるところをがんばりました」と喜びをかみしめていた。
 審査委員長の甲津和寿教育長(61)は「竜王町で力を入れているひとつに英語教育があります。出場者も増え、年々レベルがあがってきていて、全員が練習してきた成果を発揮してくれました」と話した。
 結果は次の通り(敬称略)。 
 【教育長賞】大原妃(竜王西小4年)犬井澄(竜王中2年)【竜王ライオンズクラブ賞】村地洋輔(近江兄弟社小6年)岡山さゆり(竜王中3年)【P&P賞】福本詩桜(竜王小5年)福本乙華(竜王中3年)【努力賞】齊藤暖乃(竜王西小3年)澤井壱和(竜王小6年)小野和真(竜王中2)大原珀(竜王中1年)。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース