独創的な異色の空想世界 企画展「惑星ノマ――PLANET」

■平成29年9月9日(土) 第17907号

=ボーダレス・アートミュージアムNO―MA=

ボーダレス・アートミュージアムで開かれている企画展

◇近江八幡
 近江八幡市永原町上のボーダレス・アートミュージアムNO―MAで企画展「惑星ノマ――PLANET NO―MA」が開かれている。11月26日まで。
 「空想科学」をテーマにした作品展で、夢に満ちた独自の表現をする異色の作品が並べられている。
 地蔵を思わせる造形物、UFO型や犀(さい)型の埴輪(はにわ)、巨大ロケットや幾つもの発明品などの造形物を平面化した写真、貼り付けの手法を使った平面作品と立体作品、架空の歴史ノートなど独創的な作品が展示されている。
 中でも、中古車情報誌の紙面を貼り付けた作品は、作者の生活環境が垣間見える表現となっており、有機物と無機物を組み合わせるセンスが伺える。入館料一般300円、高大生250円。中学生以下および障害のある人と付添人1人は無料。
 開催期間中の関連イベントは次の通り(会場・同ミュージアム。定員20人・要予約)。
【9日と10月21日午後6時半〜】ギャラリートーク「惑星ノマナイトツアー」。定員各20人(要予約)無料(観覧券の半券必要)
【17日午後1時30分〜】ライブ&トーク。会場は酒游館(同市仲屋町中)。定員50人(要予約)無料(観覧券の半券必要)
【10月7日と8日午後6時〜】八幡堀まつりワークショップ「なぞの”オーミハチマン星人”、おまつりにあらわる!!」。予約不要。要観覧料。午後9時まで開館。
【10月29日午後6時〜】トークショー「爆笑!星のお兄さんショー」。定員20人(要予約)無料(観覧券の半券必要)
【11月12日午後1時30分〜】講演会「宇宙人の探し方」。会場は酒游館。定員50人(要予約)無料(観覧券の半券必要)
 このほか、毎週水曜日午後3時半からワークショップ「放課後のエイリアン」が開かれている。会場は同ミュージアム。定員7人(予約不要、小・中学生対象)。予約は同ミュージアム(TEL36―5018)へ。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース