近江米「みずかがみ」のテレビCM開始!!

■平成29年9月6日(水) 第17904号

=マスコットキャラクター「みずかがみん」が大熱演=

テレビCMで大活躍の「みずかがみん」(写真提供・県)

◇県
 県農業技術振興センターが開発した猛暑に強くて、おいしい近江米「みずかがみ」の出荷が先月末から始まった。今年は昨年を上回る約1万2千トンの収穫量(作付面積2580ヘクタール)が見込まれている。県食のブランド推進課では1日から10月15日まで、関西圏の主要テレビ放送局で15秒スポットCMを放映中だ。
 県によれば、穂が実り始める7月後半は猛暑になったが、夏の暑さに強い「みずかがみ」の本領が発揮され、米粒は美しく光沢があり、作柄・品質とも良好となっている。


「みずかがみん」とともに会見する三日月大造知事(先月29日、県庁)

 県では2015年度、16年度の2年連続食味ランキングで最高の「特Aランク」(日本穀物検定協会が実施)の評価を得た「みずかがみ」の魅力を伝えようと、テレビCMを全面リニューアルした。具体的には、マスコットキャラクター「みずかがみん」がフルCG(コンピュータ・グラフィックス)で登場し、元気に踊りながら「みずかがみ」の魅力を伝えるもの。ABC朝日放送、MBS毎日放送、YTV読売テレビ、KTV関西テレビなど関西放送圏の主要テレビ局で15秒スポットCMを放送中。


猛暑に強い近江米「みずかがみ」

 また、京阪神地域での「近江米」PRのため、23日午前10時から午後4時まで、京都府久御山町のイオンモール久御山で三日月知事のトップセールスや「近江米」抽選会、試食会などが予定されている。「みずかがみん」も登場する。
 なお、その他の「みずかがみ」・近江米関連のイベントは次の通り。


昨年9月18日に京都府のアルプラザ・城陽で開催された三日月知事のトップセールス風景

 ▽もっと食べよう「近江米」!PR(10日、彦根市のビバシティ彦根)▽イナズマロックフェスおいで〜な滋賀県体感フェア(16〜17日、草津市の烏丸半島)▽もっと食べよう「近江米」!PR(30日、守山市のアル・プラザ守山)▽JAグループ滋賀湖畔マルシェin西武百貨店(10月28日、大津市の西武大津)▽もっと食べよう「近江米」!PR(11月4日、長浜市のイオン長浜)


関連記事

powered by weblio




同日のニュース