森の中の探索ゲーム

■平成29年9月4日(月) 

=電波の発信源を探せ!=

◇東近江
 自分で組み立てたラジオを使って電波の発信源を探し当てる探索ゲームが先月26日、河辺いきものの森(東近江市建部北町)で行われた。西堀榮三郎記念探検の殿堂(同市横溝町)を拠点に活動する無線倶楽部が、子どもたちに電波が伝わる仕組みや地図の見方などを知ってもらおうと毎年、催している。この日は、10月の本大会に向けた第1回練習会で親子10人が参加。森の中から聞こえる微弱な電波を受信し、ラジオの向きを変化させることで受信音が強弱することを利用して、森の地図にその変化を書き込み、発信源を見つけるルール。子どもたちはイヤフォンから聞こえる受信音の変化に注意を払いながら森の中を探索。自然の中で電波の不思議やラジオを上手く聞きこなす方法を学んだ。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース