空き店舗活用者を応援 中心市街地活性化へ

■平成29年9月3日(日) 第17902号

=東近江市 補助金支給=

◇東近江
 東近江市は中心市街地の活性化に向けて、空き店舗を有効活用した開業を希望する事業者を支援するための新制度「中心市街地商業等空店舗再生支援事業補助金」を8月からスタートさせた。12月15日まで申請を受け付けている。
 補助内容は、対象工事費の50パーセントで、50万円以上の工事に300万円を限度に補助する。
 補助を受けるには、▽中心市街地商業等集積地域内にある半年以上営業や居住していない建物を改修し、店舗を出す▽週3日以上継続して3年以上営業できる▽市税を滞納していない▽空き店舗の所有者または配偶者・2親等以内の親族と生計を共にしていない――のが条件。
 申請の受け付けは、12月15日までの平日、午前9時から午後5時まで、市役所商工観光部商工労政課窓口(TEL0748・24・5565)で。ただし、補助金の予算額に達した時点で受け付けを終了する。
 申請受け付け後、審査委員会で審査して補助の可否を決定する。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース