日牟禮八幡宮境内に

■平成29年8月28日(月) 

=スズムシ3千匹放つ=

◇近江八幡
 近江八幡市宮内町の日牟禮八幡宮境内でこのほど、スズムシ約3千匹が放たれ、鎮守の森に秋の音色を響かせている。スズムシは、終戦で戦地から帰郷し、ふるさとのスズムシの鳴き声にやすらぎを感じた故・中守誠之助さん(仲屋町元)が恒久平和を願って「虫の楽園づくり」に取り組み、亡くなった後、長男・秀雄さん(69)が遺志を継いで育てたもの。毎年、同市緑の少年団員らが放虫している。この日は、秀雄さんも参加し、境内の森の草陰に「元気に鳴いてね」とそっと放した。秀雄さんは「小さなスズムシ1匹1匹にも命があり、思いやりを傾けてもらえればうれしい」と話している。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース