アイキュージャパンが、夏休み子どもセンサー教室

■平成29年8月13日(日) 第17884号

=県内の小学生対象=

プレ開催時の様子。玄関や学習机に置けるライトを手作りした

◇栗東
 赤外線センサー、センサーライトのアイキュージャパン(株)(本社・栗東市、冨永久之代表取締役)は22日午後2時〜5時まで、県内の小学生を対象とした無料の「夏休み子どもセンサー教室」を、本社事務所(栗東市綣6丁目)で開催する。
 地球温暖化の仕組みを勉強し、手動発電機を使った発電やセンサーライトの工作などを、同社の技術顧問が指導する。
 同社は「地球温暖化や子どもの理科離れが問題視されているなか、業界で最もハイレベルな高感度センサーライトを手掛ける当社独自の環境教育・理科教育を通じて、地域と未来の社会に貢献したい」としている。
 「夏休み子どもセンサー教室」では、同社の技術顧問が大気の校正や温暖化の仕組みについて授業する。その後、手動発電機を使った白熱電球・LED電球の発電実験や、二酸化炭素を集めてろうそくを消してみる実験、さらに牛乳パックを使ってセンサーライトを実際に作る工作に取り組む。
 教室の参加希望者は、同社のフリーダイヤル(TEL0120―193―986)へ事前に申し込む。受け付け時間は午前8時半〜午後5時半までで、土・日・祝日を除く。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース