ラジオ製作教室 親子で楽しむもの作り

■平成29年7月14日(金) 第17859号

=探検の殿堂無線倶楽部=

ラジオの製作に取り組む参加者

◇東近江
 西堀榮三郎記念探検の殿堂で8日、ラジオの製作教室が行われ、10組の親子21人が参加した。
 探検の殿堂で活動する無線倶楽部が、ラジオの仕組みと親子でもの作りの楽しさを味わってもらおうと毎年、開催している。
 参加者らは、電波適正利用推進委員からラジオや携帯電話の電波の使われ方や正しい利用方法について話を聞いたあと、倶楽部メンバーらの指導でラジオの製作にチャレンジ。
 解説に耳を傾けながら回路図を頼りに電子部品の組立とはんだ付け作業に取り組んだ。
 途中、何度も正しく配線されているか、部品の取り付けは正しいかなどのチェックを行いながら製作を進め、作業開始から約2時間半後にラジオが完成。
 ワクワク、ドキドキしながら電源スイッチを入れるとスピーカーから音が鳴り、子どもたちに安堵と喜びに満ちた笑顔が広がった。
 中には、最初は鳴らないラジオもあったが、倶楽部メンバーらがなぜ鳴らないか、どこが間違っているのかを一緒になって考え、解決策を見つけ出し、あきらめず最後まで取り組むもの作りの大切さも学んだ。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース