地域優先株を株式割当 株式会社みんなの奥永源寺

■平成29年6月18日(日) 第17837号

=募集の1.5倍超の申し込み クラウドファンディングも好調=

◇東近江
 株式会社みんなの奥永源寺(東近江市君ヶ畑町 前川真司代表取締役)は13日、16日締め切りで募集していた「地域優先株」の出資申し込みが募集口数を大きく超えたため、「株式割当」を実施すると発表した。また、12日から受け付けが始まった商品展開に向けたクラウドファンディング(不特定多数の人がインターネット経由で事業や組織に財源の提供や協力を目的に、何らかの権利や物品を購入する)でも、1日目で目標額に大きく迫るなど、その注目ぶりに手ごたえを感じている。
 地域優先株の申し込みが11日時点で、募集300株(1株1万円)に対して約450万円に達したことから、複数口申込者の株を他の申込者に割り当てることで、より多くの株主での会社確立をめざすことにした。
 一方、東近江市の花「紫草(ムラサキ)」の根から抽出したエキスで作った「国産シコンコスメ」のテスト販売に向けたクラウドファンディング「『日本遺産』発!琵琶湖の源流水で育てられた『国産シコンコスメ』発売!!」が12日から募集が始まり、今回だけの各商品先着25〜50人限定で最大50パーセントOFFの特別価格で予約支援できるとしたことで、公開24時間で目標額30万円のうちの22万円が集まった。
 今回は、滋賀銀行とクラウドファンディングサイト「Makuake」の事業連携第1号として実施。滋賀銀行の取引先企業への紹介で、新商品のPRや地域活性化を後押しする支援の輪の展開が、すでに始まっている。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース