メダリスト招いて水泳教室

■平成29年6月7日(水) 第17827号

=まずは「楽しく始めよう」=

小学生に優しく指導する中西さん

◇近江八幡
 1日にオープンした近江八幡市立健康ふれあい公園プール棟で3日、2004年アテネオリンピック女子200mバタフライ銅メダリスト、中西悠子さん(36)を招いた水泳教室が開かれた。
 同プール指定管理者のアシックスジャパンが、オープン記念に子どもたちにスポーツの楽しさや夢をもつ大切さを知ってもらおうと企画した。
 低学年と高学年の2部に別れて開かれた教室には、事前に申し込んだ小学生80人が参加。午後2時からの低学年の教室では初心者から上級者の4つのクラスに別れ、真新しいプールで中西さんから体を水に慣らすウォームアップや泳法のバランスの取り方などを教わった。
 「それ、やってみよう」と中西さんからやさしく声を掛けられた子どもたちは、さしのべられた手をしっかり握り、水中に顔を付けて手足を動かし、水泳の基本を学んだ。
 終始、笑顔で子どもたちの指導に当たった中西さんは「力の入っている子もいたが、水に慣れている子が多かった。まずは、体を動かし、楽しく泳げることが大切だと思います。(本格的に)水泳を目指すきっかけになってくれれば、うれしい」。
 また、プールについては「天井が高く、開放感があり、窓が大きく明るく最高のプールですね。私も子どもがいるので、近くにこんなプールがあったら、子どもを連れて毎日でも来たいです」と話した。
 同プール利用者の会員登録は現在、約1300人。同市内のプールは民間を含め4施設目。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース